At.willでは外観から内装・インテリアエレメントまで間取り空間やレイアウト、カラーの提案を行っております。
こちらのサイトではCADパースを利用したプレゼン資料を多数ご紹介しています。
デザイン提案をするコーディネーターがCAD表現技術を持ち、施主様の理想とするインテリア空間をより現実的に高度なクオリティで提案しています。

一人のコーディネーターがお客様との関係性を作り、ヒアリングし、ご要望のプランを考え、デザインをし、プレゼンCADソフトなどを利用して、提案資料を作成することで、お客様の思い描くイメージを表現しています。
打ち合わせの際も、CADパースを利用し、間取りを変えたり、カラーを入れ替えたり、家具の位置を移動したり、視覚的に確認しながら進めます。
直接お会いできる方は実演しながら オンラインの方はご提案する外観内観を実際に移動して確認いただけるウォークスルーのアドレスをお伝えすることで、3D空間でのイメージを体感・共有頂けます。

大変優れたこのプレゼンCADソフトですが、ソフトメーカーが紹介をしているようなクオリティでの見せ方を全てのコーディネーターが出来ているというわけではありません。
インテリアコーディネーターはデザインの提案や空間レイアウトやカラーセレクトを得意とします。しかしながら、パソコン操作は苦手という方は少なくありません。
両スキルを兼ね備えている人材はソフトメーカー側も多くないようです。

プレゼンボードやイメージパースをきっかけとしての、クロージング・成約率・お客様満足度に繋がったと、事業者様の反響を多くいただいております。お客様からも直接喜びのお声をいただき、有難く思っております。

※At.willサイトにて 施工事例の掲載を控えている理由

At.willの営業スタイルとして、基本的に事業者様を介してご契約をさせていただいております。多くの事業者様とお付き合いさせて頂いている関係上、At.will個別サイトにてお客様の施工事例写真を掲載することは控えております。
ここで紹介しているイメージパースは、実際にご契約をいただいたお客様の提案資料です。カラーや素材やレイアウトに悩まれた足跡がよくわかる資料となっております。

 

 

コンセプト

新築でもリフォームでも空間づくりを考える時、一番身近なインテリアを考えることが理想とする空間を実現させることができます。
お家が欲しい、今の住まいをリフォームしたい、お店を出したい、と考えた時、まずはどこに相談にいきますか。

建築家・・・

工務店・・・

不動産・・・

 

一番にインテリアコーディネーターに相談しようと考える方は少ないと思います。

本来空間
づくりや空間づくりを考えた考えた時、インテリアディネーター「営業力」と「コミュニケーション能力」が備わっている人材はどの業種にも必要です。当然インテリアコーディネーターにも、「デザイン力」・「提案力」と同様に必要不可欠です。

アッ!と驚く素敵なインテリア空間を提案することと同じくらい、顧客との関係性をしっかり築けるかどうかが、仕上がり空間を左右し、結果、顧客満足度につながります。

建築業界の中ではインテリアコーディネーターの立ち位置は曖昧で、働く環境は厳しいと言えます。インテリアコーディネーターがいなくても空間は出来上がります。
しかし、実際に顧客が求めているのは躯体の構造・間取り・機能性などのハード面と、仕上がりの家具・照明・カーテンなどインテリアのソフト面をともに補う担い手です。
施主様にとって、出会いから完成までの一連の流れを把握し、一番身近な感覚である、生活のしやすさ・動きやすさ・家具の使いやすさ・色の楽しさの共有ができる人材が求められます。

  • 顧客との人間関係をしっかり築くことが出来、顧客の心情を汲み取ることが出来る
  • 現場での業者間との円滑なやり取り・管理が出来る
  • 顧客にとっても、建築会社や工務店や販売元などにとって利益を生むことの出来る

今求められるインテリアコーディネーターは営業力、コミュニケーション能力、デザイン力、高度なクオリティのプレゼン資料を作るために表現する技術力、すなわち、兼用スキルを持つインテリアコーディネーターだと考えています。

「営業力」と「コミュニケーション能力」が備わっている人材はどの業種にも必要です。
当然インテリアコーディネーターにも、「デザイン力」・「提案力」と同様に必要不可欠です。

アッ!と驚く素敵なインテリア空間を提案することと同じくらい、顧客との関係性をしっかり築けるかどうかが、仕上がり空間を左右し、結果、顧客満足度につながります。

建築業界の中ではインテリアコーディネーターの立ち位置は曖昧で、働く環境は厳しいと言えます。インテリアコーディネーターがいなくても空間は出来上がります。
しかし、実際に顧客が求めているのは躯体の構造・間取り・機能性などのハード面と、仕上がりの家具・照明・カーテンなどインテリアのソフト面をともに補う担い手です。
施主様にとって、出会いから完成までの一連の流れを把握し、一番身近な感覚である、生活のしやすさ・動きやすさ・家具の使いやすさ・色の楽しさの共有ができる人材が求められます。

  • 顧客との人間関係をしっかり築くことが出来、顧客の心情を汲み取ることが出来る
  • 現場での業者間との円滑なやり取り・管理が出来る
  • 顧客にとっても、建築会社や工務店や販売元などにとって利益を生むことの出来る

今求められるインテリアコーディネーターは営業力、コミュニケーション能力、デザイン力、高度なクオリティのプレゼン資料を作るために表現する技術力、すなわち、兼用スキルを持つインテリアコーディネーターだと考えています。