At.willが考える空間計画 設計~デザイン~施工 の流れ

現在多くご依頼いただいている業者様の形態は、工務店、建築関係業者、他業種のコンサルタント業者などです。
At.willが請け負っている業務工程は、空間づくりの相談 設計プラン提案 インテリアプラン提案 などです。
もちろん全体の資金計画や建築施工に関する条件・法規など、
依頼主様との連携・協力のもと行っております。

お家づくり・空間づくりは様々な分野の専門家が携わります。
その一連の工程を、営業や現場監督などではなく、インテリア提案が出来る専門家が総括することで効率性を上げることが出来ます。
ハウスメーカーやハウスビルダーのような形態の業者以外で、設計~デザイン~施工までを自社で行うことの出来る事業者は多くありません。
建築業を専門に行っている工務店でさえ、デザインの出来る工務店は少数で、設計やデザインは外部へ依頼しているという、小規模な工務店が圧倒的に多く存在します。

下記は、ある工務店のおうちづくりスケジュールの例です。

施工先が決まっている場合のお家づくりスケジュール

 ” 工務店 ” の正式な定義はありません。さまざまなスタイル・形態で自由度の高い事業展開を行っています。
その一方で、担当者が営業・打合せ・現場のやり取りなど、一連の業務すべてを担うことも多く、キャパオーバーという現状を抱えています。もちろん人材不足という致命的な問題もあります。

地域に密着したサービスを提供していること、自由度の高いプランに対応できるためこだわりの家作りが出来るなど、メリットのある工務店に相談したいという建て主様が多いにも関わらず、設計・デザインの弱さにより、せっかくのチャンスを逃しているというのが現状なのです。
リフォーム・リノベーションの需要が増え、今後はもっとインテリアを重視した空間演出やインテリア提案が求められます。
キッチンや浴室など設備機器の交換だけではなく、施主様にとって潜在的に抱える悩みを機能面・装飾面の両方からご提案出来る環境は必要不可欠となります。

At.willでは、設計計画~インテリア提案のヒアリング~打合せまで、契約前のアプローチであるソフト面をフォローを役割としています。
契約に至るまでのプレゼンや営業、契約後の打合せに要する時間・諸経費を算出したときに、その部分を補える立場で請負をさせていただいます。

インテリアコーディネーターの役割イメージである、カタログを持ってカラー提案をする、プレゼンボード資料を作成する、だけのインテリアコーディネーターではありません。

施工先が決まっていない場合 At.willにて計画するおうちづくりのスケジュール

建築・設計計画と内装(インテリア)計画を同時に進め、理想とするインテリアイメージを形にしてから家づくり・空間づくりを始めることを基本と考えています。

契約金額の大小にかかわらず、すべての建て主様にご提供すべき最低限の条件だと考えています。これはもう常識なのです。

インテリアコーディネーターの役割は、営業担当でも、雑用担当でもあります

新築・リフォームを考えた時まず相談する専門機関としては、ハウスメーカー・工務店・建築家(設計士)などだと思われていますが、最も適している専門家はインテリアコーディネーターです。

At.willではインテリアコーディネーターとしての適正のスキルを「デザイン力」・「提案力」はもちろん、「営業力」と「コミュニケーション能力」が備わっている人材と位置付けています。

思い描く暮らし方や理想とするインテリアスタイルを実現するためには、建て主様との関係性をしっかり築けるかどうかが重要です。

  • 顧客との人間関係をしっかり築くことが出来、顧客の心情を汲み取ることが出来る
  • 現場での業者間との円滑なやり取り・管理が出来る
  • 顧客にとっても、建築会社や工務店や販売元などにとって利益を生むことの出来る

ご依頼主様自社の標準仕様を基本に、ご契約までの請負をさせていただきます。